クラッチのスプリング交換

先日お預かりしたスクーターです。
エンジンを掛けると、勝手に進んでしまい、
ブレーキを握り、進まない様にするとエンジンが止まってしまう症状。

原因は、クラッチ(駆動系の部品)に付いている《バネ》と見当をつけ、カバーを開けてみる。


クラッチ部分を外したところ
『ビンゴ!!』

引っ掛かる部分が折れています

画像の丸い部品の下に、本来バネが付いています

右が新品です

分かりにくいかもしれませんが、この様に付きます
元通りに組み付けエンジン始動!
アイドリング時に進もうとせず、アクセルを開けると走り出す《普通》の状態に♪
バッチリでございました。(b^-゚)♪
今回はスプリングのみの交換でしたが、
状態によっては、シュー(7枚目画像の下の部品)の交換が必要になる事があります。

(プチ)レストア

お客様より整備のご依頼を受けた《年代物のロードバイク》です。
長い間乗っていなかったとの事で、だいぶ傷んでいます。


ブレーキレバーは腐食し、バーテープはボロボロです。

年式を感じさせる腐食っぷりです。

スポークは錆だらけ、リムも汚れています。


ブレーキワイヤー・シフトワイヤーは作動不良の為交換します。


外した右側レバーの腐食を落とし、磨き上げます。
まだ磨いていない左側との比較です。



どうです?ピカピカでしょ♪
左側も外し、磨き上げます。

新しいバーテープを巻きました。


リムも磨き、スポークはシルバーで補修。
(今回張替えは行いませんでした)



シフトワイヤーも交換し、ディレーラーの調整もOK♪

テスト走行をし、お客様への納車を待ちます。
今回は、ブレーキレバーとホイールがメインの写真になってしまいましたが、当店のOH(オーバーホール)メニューでは、各軸部のOH、シフトレバー・ブレーキキャリバー等のアルミ部品の磨き、錆落としも行います。

思い出の一台を【レストア】いたします。

《バイク》カブの後車輪ベアリング交換

~~今回はバイクです。~~
後車輪から『ガラガラ』と音がしている【スーパーカブ】のベアリング交換をしました。

車体から後車輪を外します。

ホイールに2個付いているベアリングの1つがバラけていました。
(これじゃ音も出ますわな~)

2個付いているベアリングを新品に交換します。

ギヤ(リアスプロケット)側にも1個付いているので、一緒に新品に交換。
オイルシール(写真の黒い輪っかです)も新品です。
外した部品(車輪等)を元に戻した後、作動の確認・検査をします。
バッチリでございました。v( ̄ー ̄)
一生懸命働いたカブ君も、部品が新しくなりスムーズに動ける様になったので、またバリバリ働いてくれますね♪~ ヽ(^0^)

こんな事やってます《リビルト品の製作・オートライト用前車輪》

■第2弾■は、オートライト用の前車輪です。

リムの歪んだオートライト用の前車輪です。

軸の部分(発電部分)を一度外して内部の確認をします。
(内部がサビだらけになっている事もあります)
ベアリングにグリスを塗りガタの無い様組み付けます。
リム・スポーク・ハブ本体をバラバラにします。
(※今回は、リム・スポーク共新品に交換)

ハブダイナモ本体を磨き、新品のスポーク(36本)・歪みの無いリムを使用し組み上げます。
作動の検査をし、出荷や、交換作業等を待ちます。
○全て新品部品でオートライトへ換装した場合、(ヘッド・工賃込みで)軽く一万円オーバーになる事もあります。
○前車輪は特別難しくは無いので、ご自身で交換されるお客様もいらっしゃると思います。【自転車店の組んだリム】を、安心してご使用ください。
★安心・お手頃価格のリビルト部品はこちら
《リビルト品》オートライト用フロントホイール(27サイズ・ステンレスリム)
《リビルト品》オートライト用フロントホイール(26サイズ・アルミリム)
○交換される自転車のタイヤサイズ・リムの材質(アルミorステンレス)をご確認頂き、補修用としてご利用ください。

こんな事やってます《リビルト品の製作・後車輪》

以前、リビルト品を使用した修理を掲載しましたが、
今回は、そのリビルト品の製作工程を紹介したいと思います。
■後車輪■

汚れはスゴイですが、機能は全く問題ない『後ハブ』です。
(処分車や、後リムが使えなくなったものを外して保管しています)

一度バラバラにし、汚れを落とします。

キレイになったら各部の磨耗や欠損等をチェックします。
(磨耗・欠損がある場合は交換します)

グリスを塗布し組み付けます。
※画像はフリー部のみですが、軸のベアリングもOH(清掃又は交換)します。

新品のスポーク(36本)を使用し、組み上げます。
作動の検査をし、出荷や、交換作業等を待ちます。
~~~あとがき~~~
空いた時間にしか出来ない為、潤沢な在庫はありませんが、
お客様に喜んで頂ける様、日々精進でございます。<(_ _)>

新車の組立

今更ですが、当店の自転車(新車)の組立工程を写真に撮りましたので掲載したいと思います。
メーカーから出荷された自転車は、殆どが箱入り(70%組立済み)です。



ハンドル(ポスト)・シートポスト等取付部に薄くグリスを塗ります。


チェーンの張り具合(張り過ぎ・張り不足)とペダルの取付部
(クランクと言います)がスムーズに回るかを確認(調整)。

スプレーグリスを少量入れブレーキワイヤーを組み付けます。
(ブレーキが軽く効く様になります)

ブレーキレバーを数回握り、ワイヤーの初期伸びをとります。
(前後同様の作業をします)

各部位置を合わせ増し締めをします。


鍵も正常に作動するか確認

タイヤの空気を入れる前にリムバンドというゴムのバンドの位置も確認します。
(稀にねじれている場合がある為です)

タイヤに空気を入れ、各作動部の確認をし終了です。
キレイに磨いてお客様のもとへ。
 
 ゚+.o(゚▽゚*o)゚+.゚
長く・快適に乗っていただきたいので、
一台一台丁寧に組立をします。
だいぶ省略しポイントのみ写真を撮りましたが、
この様な工程が『 個人店の良さ 』と思って頂けると幸いです。
<(_ _)>

3段ギヤ(ユニット)の修理

今回の修理は、《ギヤの変速不良》との事でお預かりした、内装3段ギヤ付の軽快車(数年物)です。
大抵はシフトワイヤーが傷んで変速できないものが殆どですが、
調べていくうちに、ギヤ内部の不良と判明。
内装3段ギヤは、後車輪の中心(軸)内部に変速装置が入っているのですが、

中が錆だらけ・・・
内部に水が入らない様に防水はされているのですが、
やはり年数が経つとダメですね・・。
錆び付いている為、全く作動せず。
オーバーホールをする手間(金額)の方が掛かってしまう為、
今回はリビルト品(再生した中古部品)に交換します。

(下がリビルト品です。)
ケース側を見てみると・・・スゴイ錆です。


ケース側はダメージが無い為、内部をキレイに掃除してユニット一式を組み付けます。


車体に(車輪一式を)取り付け、テスト走行をして終了です。
バッチリでございました。(b^-゚)
《全て新品部品で直すと、結構な金額になってしまいます。
当店では、中古部品(再生し、作動確認済みのもの)を使用した『お財布に優しい』修理も行っております。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。》

バイクタイヤ交換

今回は自分のバイクの後ろタイヤを交換しました。
既に【スリップサイン】が出ており、前から『 交換しなきゃ~ 』と、思っていたのですが・・・

『 また、やってしまった 』交換途中の写真を撮り忘れている・・・
写真は、新しいタイヤをホイールに組んだところ。
まだ、リムにタイヤが付いていない為、空気を入れて密着させます。
(『ボン!・ボン!』となりますのでお客様はビックリしますね)

ご覧の通り、全く溝の深さが違います。(当たり前です)
(違うメーカーのタイヤの為溝のパターンが違います)

ついでにブレーキも掃除します。
表面にペーパー(紙やすり)をかけ、少し角を落とします。
動く部分にグリスを付け組み付けます。
(ブレーキの表面に油分はNGです。注意)

ホイール側(ドラム)の方にもペーパー(紙やすり)をかけ、掃除した後組み付け。外した部品を元に戻して終了です。

今日はプラグも一緒に交換しました。

消耗品を交換する事で、また元気に走ってくれますよ!

後リム交換

乗車中『 後輪がふらふらする 』という事でお預かりした自転車です。後輪のスポークが折れ、車輪が歪んでいた為ふらふらしていました。(全部で10本折れていました)

後に重い荷物や、お子様を乗せられる方など、後輪に負担が掛かる自転車に多い症状です。
リム&スポークを交換し、振れ取りの道具にセットします。
車輪の振れを無くし、張りを調整します。

整備完了し、車輪を自転車に取り付けました。
写真なので分かりにくいですが、振れなくスムーズに回っています。

写真を3枚しか撮っていない為、簡単な説明になってしまいました。
撮影を忘れ、【一生懸命仕事をしていた】という事で・・・・

ハンガーベアリング交換

乗車中『 ギコギコ音がする 』という事でお預かりした自転車です。

漕ぐ部分の中心軸(ハンガー軸と言います)を外すと、
右側のベアリング(リテーナー)がバラけています。

ハンガー軸のベアリングがあたる部分が削れていると、(虫食いの状態になります)軸も交換になります。

バラけたベアリングです。
丸くないのがお分かりいただけると思います。

外側からベアリングを押さえる左右の部品(ワンと言います)は、
右側が削れていた為、右ワン交換です。

下が新品のベアリングです。
異常が出て初期の状態であれば、交換部品が少なく安く済みますが、そのまま無理に乗られると、上記部品全て交換という事になり、大変な出費になります。異常を感じたら、早目に自転車屋さんに持ち込んでください。